深沢、駒沢、中町、桜新町の内科、消化器内科、小児科

桜新町の内科、小児科、雨宮内科

当院は予約優先制で待ち時間削減に努めています。
03-3701-5920
受付時間8:50~11:50、15:50~17:50

ホーム >TOPICS 

ホーム 風疹予防接種の安全性 妊娠と風疹 大人の風疹予防接種 インフルエンザの予防と治療 花粉症 SAS(睡眠時無呼吸症候群) 便潜血 ピロリ菌 ノロウイルス感染対策


Topics

インフルエンザの予防と治療

インフルエンザ対策として 1、ワクチン接種 2、治療 3、生活上の予防 の3つが挙げられます。
以下に詳細を記します。

【ワクチン接種】
インフルエンザ予防接種のワクチンは3種類のワクチン株が混合された3価ワクチンで、新型を含むA型、B型インフルエンザウイルスに予防効果が期待できます。
【治療】
治療としては、抗インフルエンザウィルス薬が中心となります。

若い方でも発見が遅れたり、これら薬物治療の開始がおくれると重症化する可能性があります。高熱、関節痛、のどの痛みや咳などの症状があり、疑わしい場合には、医療機関を受診しましょう。発症から受診、投薬のポイントを以下に記します。

1、【 発熱! 】
※発熱した時間や検温した時間を忘れないで下さい。

2、【 『発熱後12時間以上経過』してから受診です。 】
※12時間未満で受診し、インフルエンザ検査をしても正確な診断ができません。理由は発熱後12時間未満ではウィルスの増殖量が少ないためです。

3、【 抗インフルエンザウィルス薬の投与。 】
※抗インフルエンザウィルス薬は発症後48時間以内に投与を開始しないないと効果がありません。そのため受診のタイミングは発症後12時間経過~48時間以内が推奨されています。
尚、抗インフルエンザウィルス薬の予防投与は全額自費となります。

【生活上の予防】
A.【 ウイルスの侵入経路を絶ちましょう。 】
「うがい、手洗い、マスク」
意外と盲点なのは、ATMやキーボード、ドアの取っ手など、不特定多数の方が触れる箇所を通じて感染することが多いことです。 うがいやマスクのみならず、手洗いを励行しましょう。アルコール消毒などがあればなおさらよいでしょう。

B.【 ウイルスに負けない防衛体力を維持しましょう。 】
規則正しい生活リズムを守り、十分な睡眠・休養をとり、バランスのとれた食事を摂り、ウイルスに負けないからだを維持しましょう。

C.【 ウイルスに遭遇する機会をなるべく減らしましょう。 】
人ごみを避け、人の集まるところにでかけるのは、必要最小限にしましょう。

D.【 部屋の加湿を心がけましょう。 】
空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。これはのどや鼻の粘膜の防御機能が低下するためで、外出時にはマスクを着用したり、室内では加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保つとよいでしょう。

ページのトップへ戻る