深沢、駒沢、中町、桜新町の内科、消化器内科、小児科

循環器内科(高血圧、不整脈)なら雨宮内科

当院は予約優先制で待ち時間削減に努めています。
03-3701-5920
受付時間8:50~11:50、15:50~17:50

トップ > Topics

Topics

風疹予防接種の安全性

Q1.風疹予防接種の副反応にはどのようなものがありますか。
A.2006年度から定期接種として麻疹風疹混合ワクチンが用いられるようになり、風疹ワクチンの接種者数は減少していますが、風疹ワクチンは、副反応の少ない非常に安全なワクチンの一つです。
しかし、重大な副反応として、まれにショック、アナフィラキシー様症状、全身のじんましんの報告があります。
また、まれに(100万人接種あたり1-3人程度)急性血小板減少性紫斑病が報告されています。
その他の副反応として、発疹、紅斑、掻痒、発熱、リンパ節の腫れ、または関節痛などをみることがあります。
成人女性に接種した場合、子供に比して関節痛を訴える頻度が高いといわれています。

出典:国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂)

Page top

妊娠と風疹

Q1.現在妊娠がわかったばかりの妊婦ですが、これまで風疹の予防接種をうけたことがありません。
A.妊婦の家族内に、「ワクチン接種の記録」または「風疹の確実な罹患歴(症状のみからの診断ではなく、抗体検査などによって確認されたもの)」がない方がいる場合には、その方から妊婦に風疹をうつしてしまう可能性があります。
これを防ぐために、家族の方は出来るだけ早く接種をうけることが勧められます。
もし麻疹ワクチンを1歳以上で2回受けたことがない妊婦の家族は、風疹予防と麻疹予防の両方の観点から、麻疹風疹混合ワクチンを選択することをお奨めします。
(なお、妊婦が風疹の予防接種をうけることはできません。)
出典:国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂)

Q2.接種をうけた者から妊婦に風疹ワクチンのウイルスがうつる可能性はありますか?
A.その心配はまずないと言ってよいでしょう。
風疹ワクチン接種後3週間以内に、接種をうけた人ののど(咽頭)から一過性にワクチンウイルスの排泄が認められることがありますが、ワクチンウイルスが周囲の人に感染したとの確かな報告はこれまでにありません。
むしろ、接種を受けていない家族が自然感染を受け、そこから妊婦が感染を受けるほうがリスクは高いと考えられます。
もし麻疹ワクチンを1歳以上で2回受けたことがない妊婦の家族は、風疹予防と麻疹予防の両方の観点から、麻疹風疹混合ワクチンを選択することをお奨めします。
(なお、妊婦自身は風疹の予防接種をうけることはできません。)

出典:国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂)
Q3.現在妊娠初期です。風疹予防接種の接種記録はあります。妊娠中に風疹にかかる可能性は?
A.予防接種をうけた記録があるので免疫をもっている可能性が高く(風疹ワクチンの効果は95-99%)、現在風疹にかかる可能性は極めて少ないと考えられます。
しかし、予防接種を受けた人に免疫がつかないことがまれにあります。
そのため風疹患者と密接な接触をすると、感染する可能性が完全には否定できません。
念のために、妊娠初期に行なわれる風疹抗体価検査の結果をもとに、かかりつけの産婦人科医に相談してください。
出典:国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂)

Page top

成人の風疹予防接種

Q1.成人女性が風疹ワクチンを受ける場合に注意することがあると聞きました。それは何故ですか。
A.妊娠出産年齢の女性に風疹ワクチンを接種する場合には、妊娠していない時期(生理中またはその直後がより確実)にワクチン接種を行い、その後2ヶ月間の避妊が必要です。
風疹ワクチンは、大変安全なワクチンで、妊娠中に風疹ワクチンを接種されたため胎児に障害がでたという報告はこれまで世界的にもありませんが、その可能性は理論的にまったく否定されているというわけではありませんので、上記の注意が必要です。
出典:国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂)

Q2.成人男性に予防接種を行なう必要はありますか?
A.これまで風疹予防接種を受けたことがない場合は、なるべく早く予防接種をうけることをお勧めします。
平成23年度の感染症流行予測調査によると、30代から50代前半の男性の5人に1人は風疹の免疫を持っていませんでした。
20代の男性は10人に1人は風疹の免疫を持っていませんでした。大人が風疹にかかると、発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことがよくみられます。
一週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。
また、脳炎、血小板減少性紫斑病、溶血性貧血などの軽視できない合併症をまれにおこすことがあります。
また、男性が風疹にかかると、妊娠中の女性が近くにいた場合、風疹をうつし、その赤ちゃんが先天性風疹症候群となって生まれる可能性があります。
自分と家族、そして周りの人々を風疹とその合併症から守り、生まれてくる赤ちゃんを先天性風疹症候群から守るためにも、これまで風疹の予防接種を受けたことがない場合は、成人男性でも可能な限り早く接種をうけるようにして下さい。
出典:国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂)

Q3.これまで風疹の予防接種を受けたという記録がありません。この場合予防接種をうけるべき?
A.予防接種をうけたことが記録で確認されていない場合、男女ともなるべく早く接種することをお勧めします。
血液検査で十分高い抗体価があることが確認された場合にはこの必要はありません。
たとえあなたがこれまで予防接種をうけていたとしても、または風疹にかかっていたとしても、再度予防接種をうけることによる特別な副反応がおこることはありません。
過去に風疹の予防接種を受けていても、今予防接種を行うと風疹に対する免疫をさらに強化する効果が期待されることもあるのでより安心です。
もし麻疹ワクチンを1歳以上で2回受けたことがない場合は、風疹予防と麻疹予防の両方の観点から、麻疹風疹混合ワクチンを選択することをお奨めします。
出典:国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂)

Page top

インフルエンザの予防と治療

インフルエンザ対策として 1、ワクチン接種 2、治療 3、生活上の予防 の3つが挙げられます。
以下に詳細を記します。

【ワクチン接種】
インフルエンザ予防接種のワクチンは3種類のワクチン株が混合された3価ワクチンで、新型を含むA型、B型インフルエンザウイルスに予防効果が期待できます。
【治療】
治療としては、抗インフルエンザウィルス薬が中心となります。

若い方でも発見が遅れたり、これら薬物治療の開始がおくれると重症化する可能性があります。高熱、関節痛、のどの痛みや咳などの症状があり、疑わしい場合には、医療機関を受診しましょう。発症から受診、投薬のポイントを以下に記します。

1、【 発熱! 】
※発熱した時間や検温した時間を忘れないで下さい。

2、【 『発熱後12時間以上経過』してから受診です。 】
※12時間未満で受診し、インフルエンザ検査をしても正確な診断ができません。理由は発熱後12時間未満ではウィルスの増殖量が少ないためです。

3、【 抗インフルエンザウィルス薬の投与。 】
※抗インフルエンザウィルス薬は発症後48時間以内に投与を開始しないないと効果がありません。そのため受診のタイミングは発症後12時間経過~48時間以内が推奨されています。
尚、抗インフルエンザウィルス薬の予防投与は全額自費となります。

【生活上の予防】
A.【 ウイルスの侵入経路を絶ちましょう。 】
「うがい、手洗い、マスク」
意外と盲点なのは、ATMやキーボード、ドアの取っ手など、不特定多数の方が触れる箇所を通じて感染することが多いことです。 うがいやマスクのみならず、手洗いを励行しましょう。アルコール消毒などがあればなおさらよいでしょう。

B.【 ウイルスに負けない防衛体力を維持しましょう。 】
規則正しい生活リズムを守り、十分な睡眠・休養をとり、バランスのとれた食事を摂り、ウイルスに負けないからだを維持しましょう。

C.【 ウイルスに遭遇する機会をなるべく減らしましょう。 】
人ごみを避け、人の集まるところにでかけるのは、必要最小限にしましょう。

D.【 部屋の加湿を心がけましょう。 】
空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。これはのどや鼻の粘膜の防御機能が低下するためで、外出時にはマスクを着用したり、室内では加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保つとよいでしょう。

Page top

花粉症

Q.耳鼻科ではなく、内科でも花粉症は診れるのでしょうか?

A.内科でも診察します。
花粉症はアレルギー性の病気であり、鼻のみならず、眼にもきますし、場合によっては気管支にもぜんそく症状としてあらわれます。
このように、鼻なら耳鼻科、眼なら眼科という対応ではなく、アレルギーというおおもとにアプローチする必要があるため、本来内科が診療する病気と考えてもおかしくありません。
ただ、鼻炎がひどく粘膜がはれ上がり、レーザー治療が必要な場合は耳鼻咽喉科の先生にお願いし、逆に、結膜炎がひどく、はじめは眼科医院で診ていたところ、ぜんそく症状もひどくなって内科にまわってくる場合もあるので、状況に応じて、医療機関の間でお互い協力して診療にあたっています。

Q.花粉症とは何ですか?

A.花粉症とは、植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされるアレルギー性の病気です。
主な症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどがあります。

Q.なぜ花粉症になるのですか?

A.花粉が入り込んだ体内には、IgEという抗体ができます。花粉に接するたびに、このIgE抗体がつくられ、全身にまんべんなくIgE抗体が行き渡って過剰になると、次に新たな花粉が侵入してきたときに、過剰反応してしまい、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状がでます。

Q.花粉症の治療方法を教えてください。

A.花粉症の治療の中で、一般的な対処方法として挙げられるのが薬物治療です。問診や検査をおこなった上で、患者さんに合った内服薬・点鼻薬・点眼薬などを組み合わせて、処方いたします。

Q.花粉症の症状が出る前でも診ていただけますか?

A.はい、可能です。発症時期によって、治療方法は下記のどちらかに分かれます。
1、症状が現れることを事前に防ぐ初期療法
2、症状が現れた後に、速効性のある治療で症状を抑える維持療法
花粉症には初期治療が効果的といわれていますので、発症する1~2週間前に抗アレルギー薬などを使うと、症状の発生を遅らせたり、症状を軽くしたりできます。

Page top

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

【SAS 眠時無呼吸症候群とは】

睡眠時無呼吸症候群とは、文字通り「睡眠時」に「無呼吸」を起こす病気です。英語ではSleep Apnea Syndromeであり、頭文字をとって「SAS」と略すことがあります。「無呼吸」とは10秒以上呼吸が停止することと定義され、この無呼吸が1時間当たり5回以上あるいは7時間の睡眠中に30回以上ある場合に「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。

この1時間あたりの無呼吸(および呼吸低下=低呼吸)の数をAHI(apnea-hypopnea index)といい、5~15までが軽症、15~30までが中等症、30以上が重症と分類します。

また、この睡眠時無呼吸症候群には、頻度が多い閉塞型無呼吸と、頻度は少ない中枢型無呼吸があります。閉塞型無呼吸は、呼気努力はあるものの上気道(のどの奥)が狭くなっているために呼吸が止まるもので、一方の中枢型無呼吸は、脳障害のために呼吸指令がないものや、心臓が悪いためにその指示がとどきにくくなって生じるもので、呼気努力が認められません。

この病気の方は30秒以上とまってしまうこともまれではありません。呼吸がそんなに長く止まったら、死んでしまうのではないか?と思われがちです。でも、実際この無呼吸自体で死んでしまうことはないといえます。

ただ無呼吸が何ヶ月も、何年も続くことで体に負担がかかり、若いうちから高血圧になったり、心臓発作・危険な不整脈や脳卒中を起こしてしまい障害が残ったり、突然死してしまうことがあります。一方でご存知の方も多いと思いますが、強い昼間の眠気が原因で起きた、鉄道の居眠り運転による事故など、ご本人はもとより、周囲の方や社会的にも問題となるのです。

恐ろしいな、と思われることを書きましたが、この睡眠時無呼吸症候群はしっかり治療すると無呼吸がなくなり、怖い病気や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。

この病気は何も特殊な病気ではありません。有病率は全人口の4%といわれており、我が国でも200万人もの人が睡眠時無呼吸症候群をもっていると言われています。最近では鉄道事故などで注目されるようになりましたが、なかなか気づきにくく、いびきや眠気なんかで病院にいくなんて恥ずかしいという理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。

1、いびきをかいて恥ずかしい思いをされている方
2、会議中に居眠りばかりしてしまう方
3、車を運転中に居眠りをしてあわや追突という冷や汗をかかれたような方
4、夜中に息苦しくなって起きてしまう方
5、ぐっすり眠った気がしない方
6、若いのにEDの印象のある方
7、夜中に何度もトイレに起きる方

Page top

便潜血

【1.便潜血異常の場合】
便潜血検査は通常2回法で行います。
どちらか1回でも陽性の場合、異常と診断します。
陽性の場合、早めに大腸内視鏡検査を受けてください。
便潜血検査が異常で、大腸内視鏡検査を受けたがまったく異常のないという方は、食道・胃・十二指腸の観察のため胃内視鏡検査を受けていただくことをお勧めします。

【2.便潜血検査異常で疑う疾患】
便潜血検査陽性の時、5%の方に大腸がんが見つかります。
また、80%ぐらいの方に痔が見つかります。
その他、大腸の疾患では大型の大腸ポリープ、大腸憩室症、大腸炎などでも陽性となります。
大腸以外に胃がんや食道がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、出血性胃炎といった大腸より口側の臓器からの出血性疾患でも陽性となることがあります。

【3.便潜血検査とは】
便の一部を小さな棒で採取し、その中に目に見えない血液(潜血)が混ざっていないか調べる検査です。

【4.便潜血検査のメリット・デメリット】
a. メリット
大変簡易である

b. デメリット
大腸がんの【早期発見】・【予防】には不十分な検査
大腸がんでも検査異常が出てこないことがかなりある
(大腸がんの検出率は1回法で70%、2回法で90%程度です。早期の大腸がんに対してはより低い検出率となります。)
大腸がんの検診は少し煩雑ですが大腸内視鏡検査を受けていただくことをお勧めします。

Page top

ピロリ菌とは

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜に生息しているらせん形をした細菌です。
ピロリ菌を除菌しない限り、ピロリ菌は胃内に住み続けますので慢性的に炎症が続きます。

この慢性化した炎症(慢性胃炎)により、胃粘膜の防御機能が低下して、ストレスや塩分の多い食事、発がん物質などの攻撃を受けやすい状態になってしまいます。

すなわちピロリ菌が潰瘍や胃がんを起こしやすい下地をつくってしまうのです。

ピロリ菌を除菌することにより、胃がん予防、潰瘍発症の抑制効果等が期待できます。

ピロリ菌の除菌は疾患の適応があれば健康保険で1次除菌、2次除菌までは可能です。
2度の除菌が不成功であった場合はご相談下さい。

Page top

ノロウィルス感染対策

ノロウイルスとは冬季から春先を中心として発生する感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。
カキ等の二枚貝に多く含まれ、感染力が強く、集団の施設(学校、病院、社会福祉施設等)において、ひとりの感染者から一気に感染が広がるケースが増えています。
ご家庭においても感染予防にご協力をお願いします。

<<ノロウイルスとは・・・>>
【症  状】おう吐、下痢、腹痛、発熱(38℃前後)
【潜伏期間】おおむね1~2日
【発生時期】11月から3月にかけて多発
【感染経路】ノロウイルスは100個程度で感染します。また、感染して、症状のあるおう吐物や下痢便には1gあたり100万から1億個のウイルスが含まれています。このため、次から次へと感染が起こります。
・ノロウイルスを含む 「おう吐物」や「下痢便」に触れて感染する場合や乾燥して口から吸い込む場合もあります。
・ノロウイルスに感染した人が良く手を洗わず調理して、他の人がその料理を食べた場合。
・生カキ等の二枚貝の生や井戸水を介して感染する場合もあります。
【消毒方法】次亜塩素酸ナトリウムか熱湯(85℃1分)
次亜塩素ナトリウムの消毒液は一般的に入手しずらいため、家庭で利用する場合は塩素系漂白剤を用途に合せ50~250倍に希釈して代用できます。
尚、嘔吐、排せつ物に直接使用する場合は希釈度50倍が推奨されています。

【対  策】
ノロウイルスは感染力が強いため、どこからでも感染します。
このため、石けんによる手洗いは非常に重要です。
外出後、トイレに行った後、食事前は必ず手洗いを心がけて下さい。

Page top

TOPICS

メニュー

ページのトップへ戻る