胃カメラ・大腸なら雨宮内科 桜新町、深沢、駒沢、中町の内科、消化器内科、小児科

胃カメラ・大腸なら雨宮内科(世田谷区)

当院は予約優先制で待ち時間削減に努めています。
03-3701-5920
受付時間8:50~11:50、15:50~17:50

ホーム >診療案内 >内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)の検査 

当院の内視鏡検査

当院で行う内視鏡検査は上部内視鏡検査と下部内視鏡検査で、一般的にはそれぞれ胃カメラ、大腸カメラと言われています。
上部内視鏡検査(胃カメラ)は次の症状に当てはまる方が対象になります。
・親族が胃がんになった
・逆流性食道炎(胸やけ)
・ピロリ菌が陽性
・健診で指摘された
・貧血
・急な体重減少


下部内視鏡検査(大腸カメラ)は次の症状に当てはまる方が対象になります。
・血便が出た方

当院の内視鏡検査(上部、下部)は消化器内視鏡学会専門医である院長が行います。
検査に苦痛が伴わないよう、最先端の検査機を導入しております。
特徴は以下の通りです。
・最先端の細い内視鏡を鼻から入れるので胃カメラ特有の「オエーっ」という吐き気(咽頭反射)が少なくて済みます。

・鎮静剤(静脈麻酔)を使用しないので、検査終了後の回復時間が短くて済みます。

・女性医師が大腸カメラ検査を担当します。女性患者さんの「恥ずかしい」がありません。

内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)の検査のご案内

当院の内視鏡検査は予約制となっておりますのでご来院の際は予めお電話にてお問合せ下さい。

急な腹痛、吐き気などの緊急検査はこの限りではありませんが、ご予約なしでのご来院はお待たせする可能性がありますので予めお電話で予約状況のご確認をお願いします。

※1、上部内視鏡検査は比較的早めに予約が取れますのでお電話でご相談下さい。
※2、初診時に内視鏡検査をご希望の方はお電話にてご相談下さい。
※3、下部内視鏡(大腸)検査は下剤を処方いたしますので一度受診して下さい
03-3701-5920

上部内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

1.当日の朝食は食べれません。
毎朝服用しているお薬がありましたら医師にご相談下さい。

2.来院後、胃の中をきれいにする水薬を飲みます。

3.入れ歯のある人は、外していただきます。

4.のどの麻酔をします。

5.検査を始めます。

下部内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

1.前日の食事は、繊維の少ないものにしていただきます。
なお、便秘の方は下剤を多めにすることもありますのでお申し出ください。

2.前日の夜に下剤を飲みます。

3.当日は朝食は食べれません。

4.当日の8時ころから下剤を飲みます。便がすべて出て透明な液状になってから来院していただきます。

5.腸の動きを抑えて検査をしやすくするお注射を肩にします。使用するお注射により、帰宅時の車の運転はできないこともあります。

6.検査着に着替えます。

7.検査を始めます。

上部内視鏡検査(胃カメラ)の費用(概算)

観察のみの場合は、初・再診料と合わせて約4,600円になります(初診で3割負担の方)。

病理検査(顕微鏡による細胞の検査)をする場合は、約4,200円追加になります(合計約8,600円)。

ヘリコバクター・ピロリ菌の検査をする場合は、更に約1,000円追加になります(合計約9,800円)。

下部内視鏡検査(大腸カメラ)の費用(概算)

観察のみの場合は、約5,400円~6,200円になります(3割負担の方)。

病理検査をする場合は、合計で約10,800円になります。但し、検査部位が増える毎に約3,000円の追加になります。

診療案内(詳細)

ページのトップへ戻る