深沢、駒沢、中町、桜新町の内科、消化器内科、小児科

桜新町の内科・小児科 雨宮内科のお薬に関する情報

当院は予約優先制で待ち時間削減に努めています。
03-3701-5920
受付時間8:50~11:50、15:50~17:50

トップ > お薬に関する情報>なぜ食前・食間…

お薬に関する情報 自分のお薬を… 水なしで薬を… なぜ食前・食間… 


なぜ、食前・食間・食後というような服用時間の指示があるのでしょうか。

「食前(しょくぜん)」とは、食事の20~30分前のことです。胃の調子を整える食欲増進薬や、食べた後の吐き気を事前に抑える薬などは、食前にのむと効果があります。

「食後(しょくご)」とは、食事が終わって20~30分後までをいいます。のみ薬のなかでもっとも多くみられるタイプです。

食べ物と一緒のほうが吸収がよくなる薬や、胃が空の時にのむと胃を荒らす薬などが食後にのむ薬になります。

もし、なんらかの理由で食事ができなかった時でも、せめて、クラッカーなどを1枚食べるだけでも食後に近い状態となり、胃の保護につながります。

のみ忘れしそうな人は食事の直後でもかまいません。特に消化薬は食直後にのむと効果があります。

「食間(しょくかん)」とは、食事と次の食事のあいだ、それも食後2時間ぐらいたってからのことです。そのころになると、前に食べた物が消化され、胃の中の食べ物が少なくなります。食間にのむよう指示された薬は、空腹の時の方が吸収が良いものです。

一方、空の胃が胃酸で刺激されるのを防ぐための薬も食間にのみます。

このように、食前・食間・食後には、それぞれにきちんとした意味があります。

決められた服用時間を守ることは、薬の効果と安全性のうえからも、重要なことなのです。

(日本製薬工業協会 JPMA ホームページより)

ページのトップへ戻る